top of page

トーマスを疑う:インドへの最初の宣教師



キリスト教徒は彼を、自分の目で見るまでイエスが復活したことを信じようとしなかった弟子、疑うトマスとして覚えています。しかし、彼らが覚えていないのは、使徒トマスがその後どうなったか、つまりインドへの最初の宣教師となったことです。

彼は中東から南インドまで旅し、西暦 52 年に現在のケーララ州に上陸しました。地元のバラモン指導者によって殺害される前に、そこで数千人の人々と接触したと考えられています。そして、ポルトガル人が1498年に到着したとき、彼らはそこに活発な教会と会員がいることを発見して衝撃を受けたので、彼は本当に何千人もの人々に届いたに違いありません。ケーララ州におけるトーマスの影響は、キリスト教徒と非キリスト教徒の両方に認識されており、彼の名前は建物や店舗の名前に使用され、ケーララ州の公用語であるマラヤラム語はトーマスが話したアラム語の方言であるためです。


1 AD (ガリラヤ、イスラエル) - 72 AD (チェンナイ、インド)

【ケーララ州の教会】


マラヤーラム語に興味がありますか?これらのビデオをチェックしてください!


情報源


de Guise, Lucien. “The Little-Known Story of How St. Thomas the Apostle Brought Christianity to India.” Aleteia, 19 Nov. 2018, https://aleteia.org/2018/05/18/the-little-known-story-of-how-st-thomas-the-apostle-brought-christianity-to-india/

Zacharia, Paul. “The Surprisingly Early History of Christianity in India.” Smithsonian.com, Smithsonian Institution, 19 Feb. 2016, https://www.smithsonianmag.com/travel/how-christianity-came-to-india-kerala-180958117/


タグ

Comments


bottom of page