top of page

ミッションのライフスタイル: レイチェル・ウィルソンへのインタビュー

レイチェル ウィルソンは、2022 年 8 月 19 日にハンナ ハーグレイブスのインタビューを受けました。二人はキリスト教宣教師同盟 (CMA) のメンバーである同じ教会、ノーウィン アライアンス教会で育ちました。




ミッションを始めたきっかけは何ですか?

私は5歳の頃から宣教師になりたいと思っていました。教師になるために大学に通っていたとき、海外で生徒指導ができることに気づきました。私はジュネーブの大学に通っていました。私はパラグアイの宣教学校で生徒を教えていましたが、それが私が伝道を始めた方法です。また、大学時代にメキシコへの宣教旅行に行きましたが、その旅行中に神が私に宣教者としての召しを確認したのです。


私と同年代の人には、人生で何をしたいのかわからないと言う人がたくさんいます。私にとって、それは常に知っていましたし、それは本当に祝福でした。


あなたはスペイン語に堪能ですか?

はい、高校で 4 年間スペイン語を学びました。私が 3 年生のとき、4 年生を取るべきかどうか決めようとしていたとき、神は私に語りかけて、それが必要になるだろうと言いました。


どこでミッションの仕事をしたことがありますか?

メキシコ、パラグアイ、エクアドル、エチオピア。


私は CMA として育ちました。そのことが、宣教師が来て自分たちのストーリーを語る伝道会議を通じて、私の伝道への愛をさらに強めるのに役立ちました。私は完全に…それをしたいと思いました!


今日の私の宣教活動は SIM を通して行っています。私は実際、パラグアイから帰国した後の 2008 年まで、私が所属している宣教師グループに参加していませんでした。パラグアイにいたとき、私はそこで独立してミッションスクールで教えていました。 SIM は学校への教師の派遣を支援しており、それによって私は学校の組織について多くのことを学びました。


SIM に参加したら、行き先の国を選択できるようになりましたか?

SIM について私が本当に感謝していることの 1 つは、私たちが神から聞いていることを彼らが聞きたがっているということです。 2005 年、私は神が私にアフリカに行くことを望んでいることを知りました。そこで、2008 年に SIM に入社したとき、アフリカのどの学校に初等教育または特殊教育の教師が必要になる可能性があるかを尋ねました。高校生の家族と一緒に何かやりたいとも思っていました。 SIM は基本的にすべての機会のリストを私に与えてくれましたが、神はそれがエチオピアであることを明確にしてくれました。そこで、2011 年から 2018 年までの 7 年間、エチオピアに行きました。


アフリカは南アメリカとは大きく異なりました。さまざまな面で私に挑戦をさせてくれました。言語のほうがずっと難しかったです。南米に行ったときからスペイン語の基礎はできていましたが、エチオピアに行ったときは現地の言語であるアムハラ語を学ぶために10か月間語学学校に通いました。アムハラ語はヘブライ語とアラビア語を組み合わせたものです。まったく異なるアルファベットと文字セットを持っています。とても辛くて毎日泣いていましたが、人々とコミュニケーションを取りたかったので、言語を使わなければならない状況に自分を追い込みました。これが私の言語学習に役立ちました。


私が宣教学校で教えていたとき、英語を教えていました。英語圏のバブルの中に留まっても良かったのですが、私は自分が住んでいる場所を最大限に体験したかったのです。今、私が行っている宣教は国民や地元の教会と協力しており、一緒にいる人のほとんどは英語を話せないので、そのことにとても感謝しています。ただし、スペイン語を話す人もいるので、それを使うことができます。


言語を学びたいという意欲があることに感謝しています。全力を尽くします。私の心は、人々がキリストを知り、キリストのうちに成長するのを見ることです。アフリカとエチオピアで数年間暮らした後、自分には伝道的な心があり、人々に福音を伝えたいと思っていましたが、アムハラ語でさえそれができなかったので、もどかしさを感じました。しかし、その後、神は私がスペイン語圏の国に戻るための扉を開いてくださったので、それをとてもうれしく思いました。


これは私が奉仕するのは 3 回目ですが、これは私の奉仕の大まかなタイムラインのようなものです。

パラグルアイ – 首都で英語を教えています。 2000 ~ 2008 年

米国 – バージニア北部の公立学校で教えられています

エチオピア – SIM に参加したとき、2011 年から 2018 年までエチオピアの首都アディスアベバで教えていました


その後、神は私を教室から追い出し、エチオピアでの最後の任期中、私はホームスクールの家族のための教育コンサルタントとしてエチオピア中を旅し、SIM 宣教師がいる場所へ行き、教育面でも感情面でも支援に行きました。


ある日、私が宣教師の子供たちを教えていたとき、窓の外を見ると、親たちが国民と交流しているのが見え、心の中でこう思いました…「神様、私にそんなことができるだろうか?」それが私の全時間宣教でよいでしょうか?」私には失われた人たちがキリストのもとに来るのを見たいという願いがあります。神はイエスと言い、私はスペイン語圏の国に戻りました。今、私はエクアドルにいて、聖書研究と大人への聖書教育に重点を置いて地方の教会と協力しています。神は私が霊的な子供たち、つまり大人であることに焦点を当てることを望んでおられます。


多くの宣教師が教会の開拓を行っていますが、それは正確には何を意味するのでしょうか?

私は過去 4 年間一緒に過ごしてきた家族と一緒に働いています。彼らの独房は主要な教会から分岐しています。私はその細胞グループのリーダーシップをサポートし、彼らがどのようにしてコミュニティに手を差し伸べ、その細胞グループを超えて成長できるかを考える手助けをしています。私たちはキリストを中心としたコミュニティを構築したいと考えています。私が「教会」と言うとき、それは信者の団体を意味します。私たちにはすでに多くの信者がおり、私は彼らがコミュニティに手を差し伸べられるよう支援しています。私たちは常に、大都市の地元の教会と提携したいと考えています。私たちの目標は常に、分教会が本教会と確実につながっているようにすることです。街の人々にも、自分の子供であることを理解してもらいたいと思っています。彼らはそれを世話しなければなりません。私たちは、私たちを助けるには人員が必要であること、経済的支援、そして祈りのサポートが必要であることを人々に理解してもらいたいと考えています。それは、さまざまな面で宣教師をサポートするのとよく似ています。なぜなら、これが私と私の使命のために人々に求めていることだからです。私のために祈ってくれること。私を経済的に支えてもらうためです。私の代弁者として。おい!たった今その接続をしたところです。私はノーウィン・アライアンス教会から派遣されているので、いつか私たちの教会の人々に来てもらい、ここでの奉仕がどのようなものであるかを見てもらいたいと思っています。それが田舎の教会計画のアイデアです。私たちは、たくさんのミニ教会を支援したくても、彼らが成長して成熟し、自分の足で立つために必要なサポートが得られていないことが判明するようなことはしたくありません。あなたは彼らと一緒に神の言葉を学ぶことによって彼らを霊的に養わなければなりません。これは素晴らしい特権であり、本当に気に入っています。


私は毎週約 5 ~ 6 つの異なる聖書研究を行っています。場合によっては、数人で集まったり、家族やグループで集まったりすることもあります。


ロハに教会の建物はありますか?

いいえ、私たちはまだ実家で会っています。私はそれが使徒行伝のモデルに近いので、とても気に入っています。私たちは自宅で集まり始めますが、いつ会うために場所を借り始めるかについては非常に慎重になる必要があります。注意しないと、実際に教会の計画の成長が妨げられる可能性があります。それは微妙なバランスであり、正確に適切なタイミングで行う必要があります。教会は建物を維持できなければなりません。農村部の多くの人々はその日暮らしをしていますが、教会が十分の一献金の技術を学んでいないとしたら、お返しをして奉仕に参加することが何を意味するのかを理解することができません。お金の賢い使い方を教えることは非常に重要です。急いで建物を借りて、その建物をサポートできなくなることは望ましくありません。私たちは宣教師として、彼らが私たちと私たちの経済的援助に完全に依存することを望んでいません。私たちは他の人に自立する方法を訓練する必要があります。聖書研究のやり方。それは、聖書でパウロがテモテを連れて行ったのと同じです。私たちは、聖書にある 2x2 のように、常にトレーニングに取り組んでいます。


あなたにとって典型的な 1 日はどのような感じですか?

私の日々は決して同じではありません。しかし、私は毎日を神との献身的な時間から始めるようにしています。生涯にわたるプロセスである自分自身の霊的な成長について神に語ってもらうことができる時間です。それから、正しい食事と運動を確実に行うために、セルフケアの時間を確保します。そして私の一日は、家の外で人々と聖書研究をするか、通常は家で聖書研究の準備をするかのどちらかです。日中は仕事をしている人が多いので、午後6時半から会うことが多いです。午後9時30分まで夜に。子どもたちがいつ自由に勉強できるかは、あなた次第であることを理解する必要があります。宣教師として、しなければならない事務的な仕事がたくさんありますが、私はそれらを日中に行っています。いつ誰かから電話がかかってきて、コーヒーやランチに誘われるかわからないので、常に柔軟であることが必要です。そして昼食は20分で終わるものではありません。ここの人々は昼食を 1 日の主食として食べます。昼食のために誰かの家に行く場合、おそらく2時間は滞在することを覚悟しなければなりません。それは宣教の大きな部分を占めます。人々と一緒に時間を過ごし、ただ彼らと一緒に人生を過ごすこと。彼らの家に座って、彼らがあなたのために食事を準備し、あなたが食事をしながら話していると、あなたは彼らがどこから来たのかを学び始めます、そしてそれは彼らのために祈る方法を知り、潜在的にさまざまなことについて彼らと会話する方法を知るための扉を開きます。もの。非常に柔軟でなければなりません。それは宣教師に必要なことの一つです。すべてが時間重視でタスク重視の米国とは大きく異なります。ここでは人間中心であり、仕事よりも人間関係が重要です。 20 年経った今でも、これはアメリカ人として私が苦労していることです。


宣教師の子供たちにとって、特に遠隔地での教育はどのようなものですか?

私が宣教分野の教育に携わってきた 20 年間で、教育は大きく変わりました。首都に住んでいる場合、専用の宣教学校を設けるのは非常に簡単で、子供たちは毎日学校に出入りできます。大都市の外に住んでいる場合は、自宅学習にもっと依存する必要があります。毎日何時間も移動することはできません。下宿もオプションで、子供たちは親が住んで働いている場所とは別の場所でミッションスクールと一緒に暮らします。最近では、家族を一緒に保つという考えが増えているため、このようなことはあまり一般的ではなくなりました。神は両親だけでなく、家族を宣教に招いておられます。私たちはまだ福音が宣べ伝えられていない地域に行きたいので、大都市の外に行く傾向があり、そこでは家族が家庭教育に頼っています。しかし、その後、問題が発生します。一部の国では家庭学習が合法ではないため、そのためには必要があります。

家族は都市の近くに住んでいます。エクアドルでは、家族が言語と文化を学ぶために国立学校に通うことを奨励しています。一部の家庭では、親が子供たちを教えるのを手伝う小規模なホームスクール協同組合を設立しようとすることもあります。宣教分野の教育者には非常に多くのニーズがあります。ミッションスクールで教えるか、ホームスクールやワンルームスクールハウスで教えるか、あるいは家族と同居して実際に子供たちと一緒にホームスクールをして家族が宣教に集中できるようにするかです。どのような状況であっても、私たちは家族を団結させようと努めます。これは、子供たちが幼い頃に寄宿学校に送られ、その後何年も会わなかった数年前とは大きく異なります。たとえ両親がクリスチャンであっても、子供がクリスチャンであると仮定することはできません。

宣教師。彼らはまだ自分自身の信仰を発見する必要があります。


SIM を使用すると、保険や退職後の貯蓄などのものが得られますか?

アメリカにいるときは、自分の予算で調達します。これには国際健康保険なども含まれます。私は社会保障を払っています。私は退職金に入金します。家賃、光熱費、ガス代などは私が払っています。アメリカに戻ったら、これらすべてのために資金を集めています。私は他の宣教師のサポートも手伝います。集めた資金を賢明に管理しなければなりません。結局のところ、それはすべて神のお金です。在宅勤務中に時々「仕事は見つかるの?」と聞かれることがあります。在宅勤務中はそれが私の仕事です。私は奉仕活動をしています。そして、私は国外にいるときの伝道活動に資金を提供するために資金を集めるために働いています。私は旅行してすべての支持者を訪問し、何が起こっているのか、そして私たちのニーズのためにどのように祈るべきかを伝えます。フルタイムの仕事です。


休みはありますか?

はい、はい、はい! 「安息日を忘れず、これを聖く保ちなさい」という戒めを覚えていますか。奉仕活動に携わっている多くの人はよく考えていると思いますが、常にニーズがあるので休むことはできません。しかし、セルフケアに時間を割かなければ、他の人に与えることができません。残念ながら、宣教活動に携わっている多くの人が、苦労して学んだ結果、燃え尽きてしまうのです。私たちは通常、週に 1 日の休みをとり、現地で休日があれば休みます。他の仕事と同じように休暇も取得できます。あなたは働いているので、休みの日もあるのです。これは、12時間奉仕をする日がある場合に非常に必要です。神は私たちに休むよう命じています。

私たちが神を敬う方法の 1 つ。だからこそ神は私たちに安息日を与えたのです!


ある意味、宣教者であることは通常の仕事と似ています。よくある誤解は、使命のためには常に苦しみが伴うということだと思います。アメリカでの教育の仕事であれ、宣教師としてのエクアドルでの仕事であれ、それが私の天職です。それは私の奉仕です。それは私の仕事です。誰もがしなければならないことはすべて私がやらなければなりません。洗濯しなければならない、車を整備工場に持っていかなければならない、食料品店に行かなければならない。


休憩中はどんなことをして楽しんでいますか?

年齢を重ねるごとに「楽しい」は変わっていきます。私は、奉仕する家族の一人と一日を過ごすことを選ぶかもしれません。彼らの家に泊まって公園に行くかもしれません。最近誕生日だったのでロバに乗りたいと思っていました。それは愚かな生涯の夢でした。それで私は牧師の家族と一緒に行き、公園の前にある大きなロバの像に座りました。それから私たちは行って、素敵なエクアドル料理のランチを食べました。だから今では、「楽しい」とは友達や地元の家族とぶらぶらしてコーヒーを飲みながら人生について話すことだと思っています。私は楽しむことを自分に許可するのが苦手です。私はそれが気に入らないので、そのことについて神に祈っています。


他に共有したいストーリー、情報、アドバイスはありますか?

私は大学のキャンパスで SIM の募集を頻繁に行っています。多くの人が自分たちの使命のための経済的支援を集めることに懸念を抱いていると思います。これを学ぶのに長い時間がかかりましたが、これは招待状です。あなたは人々を宣教の一員として招待します。そして、他の誘いと同じように、それを受け入れる人もいれば、断る人もいます。そしてそれは私たちの救いとよく似ています。神は私たちを神の家族の一員として招いておられます。あなたは神の家族の一員になるという神の招待を受け入れなければなりません。ミッションの場合も同様で、人々を家族の一員として招待する必要があります。このプロセスに参加するよう人々を招待することが非常に重要です。それは一人ではできません。 1人の宣教者を現場に送り出すにはチームが必要です。だから、恐れないでください。恐怖があなたを引き留めます。自分が参加できるとは夢にも想像もしていなかったことがたくさんあります。私たちは恐れではなく信仰をもって歩まなければなりません。すべての恐れを手放してください。信仰によって歩むことで、あなたは次のことを得ることができます。

素晴らしい人生!出会うことができた人々や場所…私がどれほど恵まれているかは想像もしていませんでした。また、配偶者があなたの宣教に参加するために来るのを待たずに、人々に勧めたいと思います。恐怖に足を引っ張られないでください。ただ行く。神様があなたを呼んでいるなら…行きましょう!周りの世界の声に耳を傾けないでください。あなたの周りの世界は、聖書があなたに伝えていることとは逆のことをあなたに伝えています。世界は罪で満ちています。聖書を知り、聖書に耳を傾けてください。

Comments


bottom of page